髪の毛を健康に育てる

今すでに生えている状態の髪の毛を健康に育てるのが育毛と呼ばれ、髪を作り出す毛母細胞の機能を活発にさせて現在毛がない状態の毛穴から再度髪が生えるように促すのが発毛です。

養毛という言葉もありますが、これは育毛に近い意味合いであり、今もう生えている髪をそのまま維持する目的で実施するケアのことを指して使っています。

発毛と養毛、育毛というのは、言葉は似通っていますが、そうなった原因やこれらへの対処の仕方は異なりますから、自分の今の症状にふさわしい治療方法を選び取ることが肝要になってくるはずです。

iPS細胞といえば、2012年に京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞した万能細胞のことを指しますが、この細胞を使った発毛実験に一定の効果が見られることが明らかになりました。

毛穴の底にある組織で毛が伸びるための重要な組織である毛包がiPS細胞によって再生させる技術が開発されたそうなのです。

まだ課題も多く、実用化は先になると思いますが、髪を生やすための研究は今現在も革新的な進化が続いています。

とても優れた保湿効果があるヒアルロン酸には、顔などだけでなく、頭皮の保水力をアップさせる効果が期待できると言うことで育毛剤に配合されていることも少なくありません。

頭皮が充分な水分量を保持することによって頭皮の角質環境が良くなり、充分に水分が髪にも行き渡ることに繋がるわけです。

それから、ヒアルロン酸には血行促進効果があることが研究によって分かってきたのです。

このことから育毛に大変貢献する成分ということが分かります。

アロマは女性からの人気が高いですが、育毛に適しているとされるハーブも数多くあるので、育毛を目的に利用してみると良いでしょう。

育毛剤や育毛シャンプーの中にはハーブが配合されているものも多くあります。

自分で作ることもできますし、品質の優れたエッセンシャルオイルを買って使ってみるのも良いでしょう。

私たちの頭皮の環境を整えてくれる育毛剤は、毛髪の成長促進の効果が期待されるものです。

頭皮の血流を良くしてくれる種類の成分や髪の毛の成長に欠かせない栄養素を配合しているものとされています。

同じ効果がどんな育毛剤にも期待できるというわけではないでしょうし、その人その人で相性が合う合わないもありますからあなた自身が納得のいく育毛剤を適切に選ぶようにできることが大事です。

半年くらいは相性をみながら気長に試されてみてはいかがでしょうか。

男性型脱毛症、略してAGAの医療的な対処法は現在のところ二つに分けられます。

塗り薬や内服薬といった一般的な方式と、頭の地肌に有効成分を注射して直接的に毛根に働きかけるといった医療技術者でなければできない施術があります。

単純にどちらかが効果的だと言えるものではありません。

各々の症状や経過年数などによっても治療法は違いますし、片方を妄信的に続けるのは良くありません。

専門家のいるクリニックで体質や症状に合った対処法を判断してもらった上で本格的な治療に取り組むほうが効率的です。

一般に医療費の7割は健康保険で賄われるものです。

しかし厚生労働省の定める医療保険の適用範囲を見る限りでは、AGAの治療薬は現状では対象ではありません。

ですから、基本的にはAGA治療は美容整形のように保険適用外となり、患者の負担率は10割です。

費用面はどのような治療を選択するかで大幅に変わるので参考値を出すのが難しいのですが、負担がもっとも軽いのはジェネリック(後発)の内服薬を本来の薬の代用として使用していく場合です。

そしておそらく一番コストが高いのは植毛で、時には100万円を超えることもあるようです。

予算が気になって育毛に手が出せないという人も多いでしょう。

実際は、どのような育毛方法を行うかで、費用は大幅に変わります。

育毛シャンプーや育毛剤を使うのなら、月数千円程度でしょう。

また、専門のクリニックに通うのなら毎月数万円の出費になります。

植毛で薄毛を目立たなくする場合でも、自毛植毛にするのか人工的につくられた毛髪で植毛するかで施術料に大きく差が出ることを覚えておきましょう。

頭も皮膚に覆われています。

カチカチの皮膚だと、毛が生えにくいといわれています。

頭皮の血液循環が滞ると、硬くなるのです。

太くつややかな毛を増やすためには、頭皮の環境も良くなければなりません。

しなやかな血管にサラサラ血液が流れるようにし、頭皮を柔らかくすることで健康な頭皮から健康な髪が生えるようになります。

頭皮だけでなく、全身の皮膚に流れる血液の流れを良くすることも必要になってくるので、日常生活の中で身体を動かすことを意識して、DHAやEPA、ミネラルやビタミンが豊富な食材を食べる習慣をつけましょう。

コラーゲンという成分を聞いたことがありますか?肌のハリツヤを良くするということで女性からの人気が高いのですが、髪の悩みを解消する手助けになるかもしれません。

皮膚の最下層にある真皮層は70%がコラーゲンで形成されていて、これが不足すればハリや弾力が無くなり、肌が老化します。

これは皮膚の一部である頭皮も同じ事だと理解してください。

頭皮にハリがと潤いがある状態なら代謝が上がる事で老廃物が排出され、頭皮がトラブルを抱えにくくなるのです。

抜け毛の増加や薄毛の進行、髪のボリュームが目に見えて減ってきた、などについては、大きな不安の種になり、大変ストレスを覚えるものです。

大抵の人が、育毛に本腰を入れ始め、情報収集を始めるでしょう。

育毛の方法というのは、本当に色々とあります。

育毛シャンプーを使ってみたり、育毛剤でマッサージするのもおすすめです。

ところで、頭皮に刺激を与えるために、ぽんぽん、とブラシで頭皮を叩くことを始める人もいるかもしれないのですが、これについては、必ず気を付けたい点があります。

それは、決して力一杯頭皮を叩いてはいけない、ということです。

これをするとデリケートな頭皮に傷がついてしまうかもれません。

力づくで頭皮を攻撃するのではなく、やさしく適度な刺激を与えるようにして、傷つけたり、炎症を広げたりすることのないよう、注意した方がいいですね。

櫛で梳かした際に大量の抜け毛に驚いたのなら、お酒を飲むことは、髪が薄くなることだと思ってください。

酒は人間にとって良くないものなので肝臓によって処理されますが、それと同時に、髪に与えるための大事な栄養が使用されてしまうのです。

元々は髪に使われる予定の栄養素がなくなると、頭皮が栄養失調に陥り、頭皮から離れてしまうのです。

意外に思われるかもしれませんが、漢方でも薄毛の対策ができるのです。

中医学の考えでは、薄毛になる理由として、全身に巡る血が不足する血虚や、疲れが抜けず慢性的に気(エネルギー)が不足している状態の気虚、あるいは、年を取り全身の機能が衰えていく腎虚を考えます。

こうした身体の問題を漢方で改善し、自然治癒力、免疫力をアップして発毛に適した身体を作っていくのが漢方を使った育毛治療のやり方です。

体質的にAGAが発現する可能性の度合いを検査して、医学的にはっきりさせることができるのがAGA遺伝子検査の特徴です。

遺伝子というのは両親から受け継ぎ、生涯不変のものですので、遺伝子検査というのは1度受ければ、結果は不変です。

一般病院は別として、AGA治療をしている病院なら遺伝子検査は受けられるものですが、通院する時間がとれなかったり節約優先で検査したい時は、通販の遺伝子検査キットを購入すると自宅にいながらにして結果がわかります。

濡れた頭皮の状態だと育毛剤の効果が出にくいので、きちんと乾燥した状態で試すようにしてください。

その時には育毛剤をちゃんと行き渡らせる為にも、頭皮に揉みこんでいくようにして使いましょう。

また、育毛剤を使ったからといってたちどころに効果が出てくるというものではありませんから、少なくとも5、6ヶ月は続けて使ってください。

いままでに判明しているAGAの発症要因は、男性ホルモンや遺伝的要因でしょう。

それ以外には食事の偏りや好み、寝不足といった日常的なこと、精神的要因も指摘されています。

けれども今の時点でメカニズムが明確にわかっているのは、誰もが持っている男性ホルモンと還元酵素が体内でどう反応するのかということだけです。

体内でテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変わり、発毛や髪の成長をその男性ホルモンが抑えてしまうため、症状が進行するのが解っています。

髪に元気がないことを悩んでいる人たちの傾向としてよくあるのが、食べるものが偏っていたり、規則正しい食生活を送ることができていなかったりする場合が多いです。

栄養がたくさん含まれている魚を食べることを常に頭におき、髪が育つ力を補助しましょう。

ことさらに、青魚が含んでいるDHAやEPAは血の巡りをよくする効果があります。

血の巡りが促進され、心臓より高い位置にある頭皮まで栄養がよく届くようになって育毛につながるでしょう。

ちょっとずつ毎日の食事の中で魚を食べる頻度を多くしていくことで、体も頭皮も健康状態が改善されていきますので、肉を食べるよりも魚を食べるように意識してみてください。

東洋医学にはよくツボが用いられますが、その中には、髪の毛が豊かになるツボがあります。

マッサージで頭皮を揉むことがあれば、そのようなツボを刺激するのも一つの方法です。

単にツボに刺激を与えてみても驚くような効果が現れるわけがないのです。

髪が元気になるのが、そんなにすぐなら、誰も薄毛に悩んだりはしません。

ハーブの中には、育毛に役に立つものが存在し、シャンプーや育毛剤などに使用されることも多いです。

ハーブの効能としては、まずは、頭の皮膚の環境を整え、頭髪を本来の正常な状態にしたり、発毛に重要な土壌についても、正しく整える効能を発揮します。

そのうえ、髪の毛が薄くなる原因のうちの一つである男性ホルモンが分泌されすぎるのを適度に抑えるといった効果も期待できます。

そのうえ、ハーブのもつ特有の香りをかぐことでリラックスでき、脱毛の要因として挙げられるストレスをなくすことにも役に立ってくれることでしょう。

頭皮に刺激を与えれば発毛が促進するだろうと考えて、ブラシなどで頭部を叩く方法があるとときどき耳にすることがあるでしょう。

答えからいうと、この頭皮を叩く方法は髪の毛自体に良くないだけでなく頭皮や毛根にもダメージを与えることになり、髪の毛が薄くなったり抜けたりする原因になってしまうこともあるのです。

薄毛や抜け毛を引き起こさないためには、ブラシのように先が鋭利なものではなくて、指先だったり先が丸くて柔らかいグッズを使用するならば、さほど強いダメージにならずに髪の毛を生やす土壌を徐々に改善していくことができます。

髪を育てようと、サプリを摂取する人も増しています。

生き生きとした髪の毛を育むためには、地肌まで必要な栄養を届ける必要がありますが、望んで摂取しようとしても、日々続けるのは難しいものです。

その点、育毛サプリなら確実に栄養を摂ることができるので、育ちやすい毛髪となることでしょう。

一方で、育毛サプリにばかり頼るのも、勧められたことではありません。

髪の毛を構成しているのは大部分がタンパク質です。

髪のみならず、人間の身体にはタンパク質を成分とする部位が多数あります。

取り入れたタンパク質は生命を維持するのに必須な場所へ優先して補給されるので、無くなっても生命に影響を及ぼさない髪の毛にまで行き届くようにするにはふんだんに摂取しなければなりません。

育毛の際は、大豆などタンパク質がたくさん含まれている食品をせっせと取り入れる事が欠かせません。

平熱が低めの人というのは、比較的新陳代謝が低いことが知られています。

AGA治療には頭皮や体の血行改善が重要ですから、代謝をあげる行動を習慣づけていくことは、抜け毛や薄毛対策としては非常に有効です。

あまり冷たい飲み物や食べ物ばかりとらず、冷えの原因になるような薄着はやめて、野菜でいえばゴボウ、レンコン、ニンジンなどの根菜類をとったりするのもお勧めです。

また、シャワーばかりでなくしっかり入浴する機会を増やすことで冷えにくい体を作ることができます。

芸能の世界では一般よりもさらに、育毛への関心は高いでしょう。

まさか、芸能人が育毛とは無関係であると思ってはいませんか。

世間の目を一斉に浴びることも多い芸能界の人々は、容姿には多大な手間をかけますし、そういったことも仕事のうちと言ってもよいでしょう。

目につきやすく、それ次第で印象がガラリと変わる頭髪は特に、日々のケアを怠りません。

どういったケアかは、まったく人によって変わってくるでしょうけれど、育毛剤を使ったり、念入りな頭皮マッサージを行なう人もいるはずです。

行きつけの美容室で、しっかりヘッドスパをしてもらったり、専門家のアドバイスを受けたりなど、そういった努力を積み重ねて、頭髪を守っていることが多いです。

そこまでしていても、育毛だけでは見た目を保つことができなくなったら当たり前のように植毛などの処置を受ける人もいるでしょう。

育毛には海藻、と連想されますが、海藻だけを山のように食べても育毛できるかといえば、違うのです。

ワカメやコンブは、ミネラル、そして食物繊維を含んでいますので、育毛に影響を及ぼしますが、それのみで髪が成長したり、生えたりしたらいいのですが、そうはいかないのです。

育毛したいならば、亜鉛、鉄分、タンパク質などの、栄養素のあれこれが必要とされるのです。

通常のシャンプーとか、トリートメントなんかは一切使わないで、お湯だけで髪や頭皮を洗う湯シャンという方法があるのはちょっと驚きですね。

最初こそ頭皮や髪がサッパリせずに脂が残っているように感じて、本当に育毛に効果が期待できるのか不安に思う場合もあるかもしれませんが、これを続けていくと皮膚の脂の量は正常になるので、恐れるに足りません。

そうは言っても、やはりベタベタして気持ちが悪いというときにはそのときだけシャンプーを使えば良いでしょう。

開始が今日で3日後には効果的と思われるサインが出るような効果てきめんの育毛治療というものは存在しません。

頭皮マッサージをする、生活改善をするなどの努力を育毛剤の使用と同時に行うと、いくばくかは早まることも考えられなくはありません。

とは言え、それでも何ヶ月もの時間がかかることは覚悟しなければなりません。

辛抱強くこつこつと続けて行くというのがポイントです。

なんとしてもすぐに結果を出したいというなら、費用はかかりますが、植毛を考慮に入れるのがいいでしょう。

睡眠時の寝格好も、育毛と関係があるのですよ。

どんな格好で眠るかによっても頭皮の血行が変化するからです。

寝返りというものは血流を安定的に確保するために知らないうちにやっているものですから、寝返りが自然にすぐ出来るように枕は高くないものを選択するのが理にかなっています。

あとは体内の臓器が窮屈にならないように、仰向けで寝たり、横向きの方が眠りやすいという場合は右向きで寝るようにしてください。

ドライヤーを正しく使うことが、髪にとっては大事なことです。

長時間、髪にドライヤーの温風を当て続けるのは、正しい使い方ではありません。

「大体乾いたかな?」といった程度でドライヤーの使用を切り上げた方が、髪を健康にしておくためには良いそうです。

また、髪を乾かそうとドライヤーを当てる前に、育毛剤を使った頭皮マッサージをしてみましょう。

こうすると、その後で使うドライヤーの熱によって、育毛剤が頭皮にやさしく染み込んでいくでしょう。

髪に当てられたドライヤーの熱は、頭皮まで髪を通して伝わりますから、頭皮に直接、ドライヤーの温風を当てようとしてはいけません。

ドライヤー使用時、少し工夫をすると、育毛の助けとなり得ますので、賢く、且つ効果的に使いこなしましょう。

人間の体は、その成分の約6割が水分で作られています。

なので、一日に2から3リットルは水分を摂ることをおススメします。

十分な水分補給がなされなければ血液が濃くドロドロになって、血行が悪くなってしまうでしょう。

そうすると、血流にのって髪に届くはずの栄養素が髪に届かなくなり、髪が抜けやすくなったり傷みやすくなってしまうでしょう。

あるいは、皮膚の細胞も水分不足になる事から、頭皮にも悪影響である事は言うまでもないでしょう。